韓国戦惨敗にハリル監督告白「眠れなかった」 批判意に介せず「逆に意欲的に続けたい」

韓国戦のショックを明かす 「こんなに点差をつけられホームで負けたことは…」

 日本代表は先日行われたE-1選手権では宿敵・韓国に1-4と屈辱の大敗を喫して準優勝に終わった。バヒド・ハリルホジッチ監督の耳には自身に対する批判的な報道も耳に入っているようだが、「そういった言葉を聞くと逆に意欲的に続けたいと思います」と力強く語った。

 ハリルホジッチ監督は16日に記者会見に臨み、「2018年にはサッカー界で大きなイベントがあります。そこに日本代表は参加します。地球規模のイベントです。最も美しく最も大きく、同時に最も危険な大会です。そこに参加しますのでまずしっかり準備しなければいけません。W杯の要求は高いです」と、開幕を7カ月後に控えたロシア・ワールドカップ(W杯)への抱負を語った。

 指揮官は2017年の総括として、準優勝に終わった先日のE-1選手権について言及。「あまり眠れなかった」と敗戦のショックを明かしている。

「この前の土曜日の後、私はあまり眠れませんでした。試合の後、自宅に帰ってリビングに入りましたけど、そこで試合のことをずっと考えて眠ることができませんでした。私は監督になってからこんなに点差をつけられてホームで負けたことがありませんでした」

 

page1 page2

トレンド

ランキング