岡崎、2ゴールの大活躍で英紙がチーム最高評価 指揮官も絶賛「違いを作り出した」

吉田が所属するサウサンプトン相手に2ゴール 4-1での勝利に大きく貢献

 レスター・シティのFW岡崎慎司が、現地時間13日のプレミアリーグ第17節サウサンプトン戦で圧巻の2ゴールを決めて、4-1での勝利に貢献した。英メディアでは文句なしのチーム最高評価でマン・オブ・ザ・マッチを獲得。クロード・ピュエル監督からも「違いを作り出した」と絶賛されている。

 アウェーのセント・メリーズ・スタジアムに乗り込んだレスターは、前半からサウサンプトンを圧倒した。

 前半11分、岡崎とのパス交換からゴール前まで持ち込んだアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが日本代表DF吉田麻也の脇を抜くシュートを決めて均衡を破った。すると、同32分にマフレズの右CKから元オーストリア代表DFクリスティアン・フクスがボレーシュートを放ち、DFが防いだこぼれ球を岡崎が詰めて追加点をゲット。その6分後にはDFハリー・マグワイアが右サイドでクロスを送り、岡崎がニアサイドで潰れてファーサイドでフリーになったウェールズ代表MFアンディ・キングが押し込み、3点目を奪った。

 後半16分にはサウサンプトンが吉田のヘディングシュートで1点を返して反撃。しかし、同24分にはマフレズのスルーパスに抜け出したイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディのクロスを吉田の前に入り込んだ岡崎が右足のボレーシュートを決めた。

 

page1 page2

トレンド

ランキング