南米王者グレミオにも一歩も引かず! 本田躍動のパチューカがCWC準決勝を前半0−0で折り返す

本田もミドル弾、キープ力で見せ場作る

 FW本田圭佑が所属するパチューカ(メキシコ)は、現地時間12日のクラブワールドカップ準決勝の南米王者グレミオ(ブラジル)戦の前半を0−0で終えた。スタメン出場の本田は、ミドルシュートや裏への飛び出しで積極的にゴールを狙った。

 パチューカは9日に初戦ウィダード・カサブランカ(モロッコ)戦に延長戦の末での勝利から中2日の強行日程となった。会場もグレミオのサポーターの歌と声が響き渡る完全アウェー状態となったが、前半は互角の戦いを演じた。

 前半8分、本田はゴール正面約25メートルでボールを受けると、左足でミドルシュートを狙った。少し引っ掛けたボールはゴール右に外れたが、積極果敢な姿勢を見せた。その後は南米王者が攻勢に出たが、パチューカもカウンターで対抗。本田も時折キープ力の高さを見せつけた。

 同29分には、味方との連動でゴール前に作ったスペースに本田が飛び出してトラップし、GKと1対1になるビッグチャンスを迎えかけた。だが、昨年までアルビレックス新潟でプレーしたDFブルーノ・コルテースがギリギリの場面でカットし、ゴールはならず。前半アディショナルタイムには相手エリア内で絶好機を迎えたが、相手DFの鋭いタックルでチャンスを潰された。

 一進一退の展開のまま進んだ熱戦は、スコアレスのまま前半を終えた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング