本田の“惜別FK弾”に再脚光 ミランのボローニャ戦「歴代ベストゴール5選」に選出

ミランの月間最優秀ゴールにも輝いた今年5月の“ホーム最終戦弾”に再び注目

 パチューカのFW本田圭佑は、12日にFIFAクラブワールドカップ(W杯)準決勝で南米王者グレミオ(ブラジル)戦を迎える。9日の準々決勝ウィダード・カサブランカ(モロッコ)戦でも120分フル出場した背番号02だが、昨季まで所属したACミランでの“有終の一撃”が再び脚光を浴びている。

 ミランは10日のセリエA第16節ボローニャ戦、イタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラが2ゴールを挙げ、2-0で勝利を飾った。ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督就任後、公式戦3試合目で初白星となったが、ミラン公式ツイッターはボローニャ戦におけるクラブ歴代ベストゴールを特集。本田がラストシーズン(2016-17)のホーム最終戦で決めた直接FK弾も堂々の5位に選出されている。

 本田は今年5月21日に行われたリーグ戦ホーム最終戦のボローニャ戦に途中出場。後半28分にゴール正面23メートルの位置でFKのチャンスを得ると、短い助走からゴール右サイドを狙った。左足から放たれたシュートは、スピードも十分で鋭く曲がり落ちると相手GKの手を弾き飛ばすようにサイドネットに突き刺さった。

 このゴールを決めたボローニャ戦直後に、本田はミラン退団を発表。当時、「このゴールが5月のベストゴールになるとは思っていなかったけど、とても喜ばしいですね」と振り返り、ミランの月間最優秀ゴールにも選出されている。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング