浦和サポ300人、クラブW杯初戦敗退に沈黙 「レアルと戦う姿を見せたかった」と選手謝罪

UAEのアルジャジーラに0-1敗戦、準決勝レアルへの挑戦権を失う

 浦和レッズは現地時間9日に行われたFIFAクラブワールドカップ初戦で、開催国代表のアルジャジーラ(UAE)に0-1で敗れて5位決定戦に回ることになった。約300人の浦和サポーターがUAE入りして声援を送ったが、敗戦後には挨拶に来た選手たちに対して沈黙。選手たちは「申し訳ない」との言葉を並べた。

 UAE在住でエティハド航空のキャビンアテンダントを務める久野あすみさんによれば、試合前日の8日夕方に成田空港を出発する便は、浦和が出場権を獲得すると即座に100件近い予約が入り、すぐに満席になったという。

 その前後にドバイ入りする便なども含めて、日本からは約300人のサポーターが集結し、浦和の勝利を信じて声援を送った。フル出場したFW武藤雄樹も「アウェーの雰囲気はどれほどないというか、浦和サポーターの声しか聞こえていなかった」というほどの声援を送ったが、チームはボールを保持しながらカウンターで沈むという悪癖を露呈し、0-1で敗れることになった。

 普段から厳しい結果に終わった試合では、拍手をせずブーイングすることもある浦和サポーターは、UAEの地でもスタイルを変えなかった。試合後に挨拶に訪れた選手たちを前に、沈黙のノーリアクションを返し、横断幕の片づけを始めていた。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング