こんな技見たことない!? 元ブラジル代表MFの“エアドリブル”に海外騒然「技の宝庫」「ショーだ」

日韓W杯優勝メンバーのデニウソンがチャリティーマッチでロナウジーニョ以上に躍動

 元ブラジル代表MFロナウジーニョは現地時間8日、ブラジル国内で2002年の日韓ワールドカップ(W杯)優勝メンバーらを集めてチャリティーマッチを行った。大雨が降りしきるなか、かつて名ドリブラーとして鳴らした40歳が奇想天外なテクニックを披露し、「技の宝庫」「ショーだ」と話題になっている。

 かつて、カナリア軍団を牽引したスターたちが母国ブラジルで一堂に会した。

 ロナウジーニョが中心となり、チャリティーマッチ「Game of Dreams」が8日に開催。DFルシオ、MFジウベルト・シウバ、MFジュニーニョ・パウリスタ、MFデニウソンら日韓W杯優勝メンバーを中心にメンバーが構成された。

 当日はあいにくの大雨だったが、それをかき消すほどの圧巻テクニックを見せつけたのが、かつて名ドリブラーとして鳴らしたデニウソンだった。

 前半6分、水しぶきが上がるほど状態のピッチにもかかわらず、左足のワンタッチだけでいとも簡単に股抜きに成功。さらに1-1で迎えた同24分には、味方からの浮き球を胸でトラップし、そのまま足先と太ももを使ってリフティングを6回敢行。最後に右足の太ももでふわっと高く上げたボールを、身をかがめてピタッと首後ろに乗せると、ボールを乗せたまま相手ゴールへと突進した。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング