日本のグループHは話題性に乏しい? W杯出場逃したイタリア紙は“注目外扱い” 

伊紙がW杯組み分け決定後の見通しに言及、各グループの注目点を挙げていく

 来年のロシア・ワールドカップ本大会の抽選会が現地時間1日(日本時間2日)に行われ、出場全32チームが8グループに分かれる組み合わせが決定した。強豪イタリアは60年ぶりに本大会出場を逃したが、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、日本の入ったグループHは完全な注目外として扱っている。

 イタリアは欧州予選でスペインと同組になり2位でプレーオフに回った。しかし、そこでスウェーデンに敗れて1958年大会以来60年ぶりの本大会出場を逃した。それだけに、完全な“蚊帳の外”となった今大会だが、サッカー界の一大イベントとありグループリーグの組み分け決定後に見通しを報じている。

 記事では「ロシアは上手い“釣り”に成功。サウジアラビア、エジプト、新記録となる4回目の指揮となるオスカル・タバレスのウルグアイだ。スペインとポルトガルは危険なダービーで初戦を迎える。フランスはいつも組み分けに恵まれる。アルゼンチンとベルギーにとってはチャレンジングな組み分けだ。ドイツは、韓国を除くメキシコとスウェーデンはちょうどライバルだが、本命である。ブラジルの主な障害になるのはスイスとセルビアだ」と、ポット1に入ったシード国を中心に各グループの注目点を紹介した。

 

page1 page2

トレンド

ランキング