迷走ドルトムント、「過去最高のスタート」からの転落 未完成な“ボス流”の弊害

直近10試合の公式戦でわずか1勝 果敢なプレッシングサッカーが空回り

 こんなにも勝てないのか――。

 誰もがそう思っていることだろう。ドルトムントは最近10試合の公式戦でわずかに1勝。それも10月24日のDFBポカール2回戦で3部リーグのマグデスブルクに5-0で勝っただけだ。

 ドイツ紙「ビルト」は、「ブンデスリーガでの経験がないペーター・ボスを監督に迎え入れたのが間違いだった」という記事を挙げていたが、それは論拠として正しくはない。“ブンデス未経験”でも、ユリアン・ナーゲルスマン(ホッフェンハイム監督)もドミニコ・テデスコ(シャルケ監督)もハイコ・ヘアリッヒ(レバークーゼン監督)も皆、初挑戦で結果を残している。それに昨季、ボスの下でアヤックスが披露していた躍動感のある連携がもたらす凄まじいプレッシングサッカーは、本当に素晴らしかった。

 とはいえ、現在ドルトムントが見せているサッカーはアヤックスのそれとはまったく別のものだ。

 イメージは言葉や映像で伝えることができる。選手も分かっていると答えるだろう。だが、考えることなくイメージ通りのプレーを個人としてだけではなく、グループ、そしてチームとして連携できるようになるためには相当の時間が必要だ。それはジョゼップ・グアルディオラ監督が就任した、昨季のマンチェスター・シティを見ても分かる。

 

page1 page2

トレンド

ランキング