日本代表から選出されたのは? FIFA公式動画で「W杯出場32カ国スター」が登場

W杯出場決定の順番でリレー形式の祝福コメント 「ネイマールがペルシャ語を話すと…」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)抽選会を1日(日本時間午前0時)に控えるなか、FIFA(国際サッカー連盟)は11月30日に公式サイトやSNSでロシアW杯出場32カ国からそれぞれ一人の選手が選出され、リレー形式で出場国を祝福する動画を公開。果たして、日本代表から選出された選手とは――。

 FIFAは来年6月のロシアW杯に向けて「ユニークなビデオでは、出場32カ国のスターが2018年ロシア大会出場を決めた順番でお互いを祝う。楽しんで!」というコメントを添えた動画をアップ。W杯出場を決めた順番で各国選手が登場し、選手がまず自国語で次の順番の国に対して「おめでとう!」と祝福。その直後、次の順番の国の言語で「ロシアで会いましょう」などのコメントを贈る構成となっている。

 FIFAは「ネイマールがペルシャ語を話すと、どのように聞こえるか疑問に思ったことは? ロベルト・レバンドフスキがアラビア語を話したら?」と説明を加えている。

 真っ先に登場したのは、開催国ロシア代表からFWフョードル・スモロフだ。次ぎにブラジル代表FWネイマールにバトンが引き継がれると、3番目にW杯出場を決めたイラン代表に対してペルシャ語でメッセージを送っている。4番目に現れるのが日本代表戦士だ。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング