レスター監督が岡崎ら“定番布陣”での4戦ぶり勝利に手応え 「現時点で最高のパフォーマンス」

トットナムに2-1と勝利したチームをピュエル監督が称える

 FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは現地時間28日にトットナムをホームに迎え、エースFWジェイミー・ヴァーディのスーパーゴールなどで2-1の勝利を収めた。岡崎も3試合ぶりに先発復帰し、クロード・ピュエル監督は「現時点で最高のパフォーマンス」とチームの出来を称えた。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じている。

 レスターは前半13分に左サイドからの浮き球パスに抜け出したFWジェイミー・ヴァーディが右足ダイレクトで合わせ、これがGKの頭上を抜く技ありのスーパーゴールとなって先制した。前半終了間際にMFリヤド・マフレズが右サイドからカットインし、左足のシュートをゴール左に突き刺した。後半にFWハリー・ケインに1点を返されるも、リードを守って4試合ぶりに白星を手にした。

 ピュエル監督は、就任直後から実験的な選手起用を続けていた。しかし、この試合では前線で岡崎とヴァーディのコンビを採用し、MFマーク・オルブライトンとマフレズを左右のウイングに起用するなど、クラウディオ・ラニエリ元監督時代から定番の形に戻して結果を手にした。

 指揮官は試合後、「現時点では最高のパフォーマンスだったと思う」とコメント。「将来に期待が持て勇気を与えるパフォーマンスだったが、このピッチ上でのハードワークを続け、今夜見せたポジティブな姿勢を維持する必要がある。細かい部分ではまだ改善の余地がある」と課題は見つかったものの、初陣となった10月29日のエバートン戦(2-0)以来約1カ月ぶりとなる勝利に、手応えを感じているようだ。

 これでレスターは暫定9位に順位を上げた。UEFAチャンピオンズリーグでも躍進するトットナム撃破を、浮上のきっかけとすることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価