本田が意地の一撃、移籍後2点目を海外メディア称賛「ゴラッソ」「完璧なゴール」

後半37分からセンターフォワードで出場 無敗の相手からダメ押しのチーム4点目

 FW本田圭佑が所属のパチューカは、現地時間27日にメキシコリーグ(リーガMX)前期第11節のクルス・アスル戦に臨み、4-0で勝利した。ベンチスタートの本田は後半37分から出場。センターフォワードでプレーし、同45分にカウンターからチームの4点目となるゴールを決め、メキシコ移籍後2得点目を挙げた。海外メディアは「ゴラッソ」「完璧なゴール」と意地の一撃を称賛している。

「ケイスケ・ホンダがクルス・アスル相手にゴラッソを決める」と速報したのは、スペイン紙「マルカ」のメキシコ版だ。ここまで無敗だったクルス・アスルに引導を渡した本田の一撃は高く評価されている。

 本田の出番は後半37分だった。同41分にパチューカがFWグスマンのゴールで追加点を挙げると、その4分後に魅せた。

 センターサークル内でワンツーのリターンを受けると、ドリブル突破を仕掛ける。右に行くフェイントで釣って得意の左足側に持ち出すと、マーカーが突如尻餅。GKとの1対1に持ち込み、ゴール右上にダメ押しの4点目を決めた。

 記事では「完璧なゴール」「(相手GKホセ・デ・ヘスス・コロナに)チャンスを与えなかった」と報じられている。

 日本代表では定位置を失い、今季移籍したパチューカでも右ふくらはぎの肉離れで出遅れて先発から外れた本田だが、意地の一撃で存在感を示した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング