バルセロナ、コウチーニョと個人合意報道 リバプールとのクラブ間交渉は難航か

リバプールの司令塔10番と個人合意とスペインメディア報じる

 バルセロナがリバプールのブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョ獲得で選手サイドと完全合意に達したとスペインメディア「RAC1」が報じている。

 ブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍で合意に達したと報じられるなか、移籍市場でバルセロナが攻勢に打って出ている。今季補強の目玉としてきたリバプールの司令塔の獲得で個人合意に至ったと報じられている。

 一方、クラブ間では合意に至っていないという。リバプールのユルゲン・クロップ監督はエース放出の意志が一切なく、交渉は難航すると見られている。

 ブラジルの魔術師と呼ばれるネイマール移籍時には、昨季リーグ戦13得点7アシストをマークしたリバプールの10番が痛手を和らげる存在となりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング