マンU好きの世界最速男・ボルトがアーセナルのユニホームを着用拒否!?

「撮影は絶対にしないと伝えてある」

 マンチェスター・ユナイテッドの大ファンで知られる陸上男子100メートル走世界記録保持者のウサイン•ボルトは自身の契約するスポンサー「プーマ」が、宿敵アーセナルと大型契約を結んだことに不満を漏らしたという。英地元紙「デイリー・メール」のインタビューで語っている。

 ドイツのスポーツメーカー「プーマ」社の広告戦略でメーンキャラクターを務めるボルトには、スポンサー契約を結ぶ同社への不満を胸の奥に隠していたようだ。

 アーセナルは昨年1月、プーマ社と双方にとって史上最高額となる年間3000万ポンド(約54億円)で契約を 結んだ。

「“ちょっと、このことについて話があるんだ”という感じだったよ。彼ら(プーマ)にはアーセナルのユニホームを着て、撮影は絶対にしないと伝えてあるんだ。依頼もしてこないでほしい」

 2008年にマンチェスター・ユナイテッドの練習に参加したこともあるボルトは、冗談交じりにそう話した。

 ガナーズはプーマ社にとってボルトと並ぶトップコンテンツである。だが、レッド・デビルズを愛するジャマイカの韋駄天は、そのユニホームを着ることをかたくなに拒否していた。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング