テネリフェ柴崎、昇格プレーオフ決勝で1アシスト! 正確なパスで1-0先勝に貢献、交代時に歓声

ヘタフェとの決勝第1戦に先発、2列目左から攻撃のリズム作る

 テネリフェのMF柴崎岳は現地時間22日に行われたリーガ・エスパニョーラ1部昇格プレーオフ決勝、ヘタフェとの第1戦に先発出場。先制点をアシストするなど本拠地での1-0勝利に大きく貢献した。

 カディスとの準決勝第2戦で貴重なゴールを決めた柴崎は、2試合で210分プレー。そこから中2日でも2列目左サイドを任され、前半からパスの出し入れで攻撃のリズムを作った。

 すると同22分、スコアが動く。テネリフェが得た右CKのキッカーを務めると、柴崎の右足から放たれたキックはDFホルヘ・サエンスの頭にピタリと合う。正確無比なアシストによってテネリフェが1-0と先制に成功した。

 これで流れに乗ったテネリフェはリズム良く試合を進めた。1-0のまま前半を折り返した。

 後半に入っても14分に右サイドのクロスが流れたところに柴崎が走り込み、右足シュート。この際に相手マーカーと接触し倒れこむ場面もあったが、本拠地エリオドーソから「ガク・コール」が送られると立ち上がり、プレーを再開した。

 柴崎は敵地での第2戦を見据えて後半37分にピッチを去ると再びスタジアムからの歓声を浴びた。テネリフェも1点のリードを保ったまま90分間を終え、アウェーゴールを与えることなく勝利を手にした。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング