ユナイテッドがGK史上最高額オファー拒否 レアルへの条件は94億円か、金銭+スペイン代表FW

デ・ヘア獲得を狙うレアル、85億円オファーもユナイテッドは首を縦に振らず

 レアル・マドリードはクラブにとって悲願のターゲットとなっているマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアに対して6800万ユーロ(約85億円)というメガオファーを送ったものの、ユナイテッド側に拒否された模様だ。スペイン紙「マルカ」などが報じている。

 2015年夏の移籍市場最終日、レアルとユナイテッドはデ・ヘアとコスタリカ代表GKケイラー・ナバスを含めた取引で合意に達したものの、期限内に取引を完了できずにまさかの破談となっていた。

 それから2年の月日が立ち、レアルは再び新守護神獲得の動きを強めている。しかし、GKとしては史上最高額となる移籍金を用意してもユナイテッドは首を縦に振らなかったようだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は2011年にユナイテッドがアトレチコ・マドリードからデ・ヘアを獲得した際に支払った移籍金の3倍以上となる金額だと指摘している。

 また、マルカ紙はユナイテッド側が考える交渉の最低ラインは7500万ユーロ(約94億円)、あるいは2500万ユーロ(約31億円)の金銭プラス、スペイン代表FWアルバロ・モラタの譲渡という条件だという。ただし、モラタにはACミラン移籍の可能性も浮上している。

 プレミアリーグ最高のGKとの呼び声高いデ・ヘア獲得は、さすがのレアルといえども一筋縄ではいかないようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング