香川のバス爆破事件ブログを読み「目に涙が溢れた」 トゥヘルがDFB杯優勝後に明かす

就任後初タイトルを獲得したドルトムント指揮官 来季以降の続投に意欲

 ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、日本代表MF香川真司が4月11日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝モナコとの第1戦を前にチームを襲ったバス爆破事件について、胸の内を語ったブログに涙していたと明かした。DFBポカール優勝後に、ドイツ公共放送「ARD」のTVインタビューで語ったもの。

 香川は21日に「伝えたい事」というタイトルで自身のブログを更新。ドルトムントのチームバス事件についての体験について長文を綴った。「今でも怖い」という本音を吐き出したこの記事は、世界各国のメディアが取り上げるなど大きな反響を呼んでいた。

 そして、香川と同じく当事者の一人であるトゥヘル監督はポカール優勝後のインタビューで、このバス事件について振り返ると「(バス爆破事件から)今日、また一つ重要な出来事を成し遂げた。シンジのブログを読んだ時、目には涙が溢れたよ」とコメント。香川の感傷的な言葉に指揮官も目頭を熱くしていたようだ。

 香川もフル出場したポカール決勝ではフランクフルトを2-1で破り、チームにとっては2011-12シーズン以来5年ぶり、トゥヘル体制では初のメジャータイトルを獲得。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOとの対立が囁かれるなど、トゥヘル監督は今季限りでの退任が噂されていた。しかし、試合後にはヴァツケCEOとも笑顔で優勝を祝福し合った。インタビューでも、「もちろんBVBの監督の座に留まりたい」と来季以降の続投を希望していた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング