U-20W杯、日本が開始7分で南アに先制点献上 オフサイドの有無を巡りビデオ判定も覆らず

最終ラインを突破され失点

 U-20ワールドカップ(W杯)韓国大会のグループステージ第1戦、日本対南アフリカの試合が21日17時にキックオフされ、U-20日本代表が前半7分に南アフリカに先制点を許すスタートとなった。

 この世代では5大会ぶりとなるW杯の大舞台に挑むチームはこの日、主将の坂井大将、堂安律、小川航基、岩崎悠人らといった昨秋のAFC U-19選手権を制した主力を並べた。一方、DF登録で186センチの板倉滉をボランチに起用。注目の15歳FW久保建英はベンチからのスタートとなった。

 試合は前半4分、中盤のパス回しから左サイドバックの舩木翔からのクロスに小川が頭で合わせてファーストシュートを放った。しかし同7分、日本の最終ラインの統率が取れないところを南アフリカのMFマージマンに抜け出される。シュートはわずかに枠外に逸れるかに見えたが、カバーに入った冨安に当たってゴールに突き刺さった。

 ゴール後、マージマンの位置がオフサイドだったのではないかとのことで、今大会採用されているビデオ判定(VAR)での確認がされたが判定は覆らず。日本はいきなりビハインドを負う苦しい展開となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング