柴崎が滞在先のバルセロナからテネリフェ帰島! 現地メディア「ガクが島に戻る」と一挙一動注視

「個人的な問題を解決する」ためにバルセロナへ 帰島から数日後に練習を行う模様

 スペイン2部テネリフェは胃腸炎と不安障害でという心身両面の不調でチームから離脱し、バルセロナに旅立っていたMF柴崎岳のテネリフェ島への帰還を発表した。

「柴崎岳はすでにテネリフェに戻ってきた。数日後に彼は同僚と練習を行うと予想されている」

 テネリフェは公式ツイッターで復帰への道を一歩一歩進んでいることを伝えたが、全国紙マルカ系列の地元メディア「ラジオ・マルカ・テネリフェ」も一挙一動に注視し、「ガクが島に戻る」と報じている。

「日本人は新しい習慣に適応することができていない。そこで、彼は数日間遮断され、個人的な問題を解決することを求めた」

 記事ではバルセロナに向かう経緯を明らかにする一方、「彼の契約から1カ月が近付こうとしているが、ユニフォーム姿にもなっていない。1度を除いて、だ。だから、彼は他のチームメートとともにグループに溶け込めておらず、適応もできていない」と厳しい評価を与えている。

 1月の移籍市場で即戦力としてやって来た柴崎が練習に参加できず、戦力となれていないと指摘している。心身の不調を乗り越え、司令塔はピッチでチームに貢献できるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング