テネリフェ柴崎、22日にチーム復帰へ 謎のバルセロナ旅行は「医療目的」だった! スペイン紙報じる

「ガクは今日戻ってくる」

 スペイン2部テネリフェに移籍後、心身両面で不調な状況にあるMF柴崎岳は個人的な事情でバルセロナに旅立ったが、その理由は医療目的だったと地元メディアが報じている。

「ガクは今日戻ってくる」とのタイトルで報じたのは現地紙「ラ・オピニオン・デ・テネリフェ」。柴崎は胃腸炎に加え、不安障害というメンタル面に不調をきたし、練習に参加できていなかった。前節アルメニア戦をスタンドで観戦し、久々に公の場に姿を現した司令塔だが、バルセロナに出発していた。

 クラブは柴崎のチーム離脱を「個人的な事情」とだけ発表。渡航目的は謎に包まれ、憶測を呼んでいたが、記事では医療を受ける目的だったと報じられている。そして、柴崎は現地時間22日にはテネリフェへと戻ってくる予定だとしている。

 ルイス・マルティ監督は待望されている公式戦デビューに向けて、できる限り早くトレーニングに再合流できるのではないかとの見通しを語っている。加入して3週間が経過した柴崎だが、チーム練習に参加したのはわずか1度。バルセロナでの診療で心身両面の不調から改善の兆しが見られているのかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング