レスターが降格オッズ「2.62倍」で屈辱の5番人気に浮上 奇跡の“5001倍優勝”から衝撃の転落劇

大手ブックメーカーが予想オッズを更新 1番人気はサンダーランドの1.20倍

 レスター・シティは昨季開幕前のブックメーカーでの優勝オッズが5001倍ながら、奇跡のプレミアリーグ優勝を果たして大きな話題を呼んだ。だが今季は序盤戦から低迷し、現在はリーグ5連敗で2部降格圏の18位ハル・シティと勝ち点差1の17位と、前年王者に降格の危機が忍び寄っている。

 大手ブックメーカー「ラドブロークス」は、2部降格チームの予想オッズを更新。レスターは2.62倍で“5番人気”となり、降格の有力候補と予想されている。

 降格の大本命はデイビッド・モイーズ監督率いる最下位サンダーランド。オッズ1.20倍と、もはや降格は不可避との見方がされている。2番手は19位のクリスタル・パレスで1.66倍。3番手は18位のハル・シティで1.83倍。そして4番手は、今節エバートン相手にドローで16位に浮上したミドルスブラで2.37倍と、ここまでは拮抗したオッズになっている。本拠地でレスターを2-0で撃破した15位スウォンジーは4.00倍、14位ボーンマスは8.00倍となった。

 プレミアリーグの歴史上、前年度優勝チームの降格となれば史上初。イングランド1部では、プレミア発足前の1937-38シーズンのマンチェスター・シティ降格まで遡る不名誉な記録となる。スポーツ界のおとぎ話と呼ばれた“5001倍の大穴優勝”で、昨季のレスターはブックメーカー史にその名を刻んだが、今季は歴史的な悲劇を味わう危険性が日に日に高まっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング