テネリフェ柴崎、次節バジャドリード戦はベンチ外 現地紙「トレーニングに参加できていない」

スペインデビューは最速で18日の本拠地アルメリア戦に

 MF柴崎岳が移籍加入したスペイン2部テネリフェは、現地時間12日にリーグ第25節アウェーでのバジャドリード戦に臨むなか、胃腸炎で練習を欠席している柴崎はメンバー外になったと地元紙「エル・デスマーケ」が伝えている。

メッ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信【PR

 柴崎は冬の移籍市場でテネリフェへの“駆け込み移籍”を果たし、カナリア諸島を本拠地とするクラブの一員になった。しかし、加入翌日の練習後に胃腸炎を発症し、トレーニングに3度休むなど、静養に努めざるを得ない状況となった。

 スペインでは「加入10日で帰国を希望」との記事が配信されるなど報道が過熱気味だが、同紙は「胃腸炎で苦しんでおり、新しいチームメートとトレーニングに参加できていない」と伝えつつ、バジャドリード戦のメンバーから外れたと記している。

 柴崎のデビューは最速で現地時間18日のアルメリア戦となった。プロキャリア初の移籍がスペインのカナリア諸島となった柴崎は、この1週間でコンディションを整えて、本拠地デビューを飾ることはできるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング