氷漬け状態のシュバイニーがELメンバー登録 ドイツの英雄が欧州の舞台で再び輝きを放つか

 

1月29日のFAカップ・ウィガン戦、今季3試合目の出場で1ゴール1アシストの活躍

 ジョゼ・モウリーニョ監督の下で出番を失い、戦力外の状況だったマンチェスター・ユナイテッドの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、決勝トーナメントに向けたUEFAヨーロッパリーグ(EL)のメンバーに登録された。UEFA公式サイトが各クラブの最新メンバーリストを公開している。

メッシ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信中【PR

 シュバインシュタイガーは、昨年に就任したモウリーニョ監督からリザーブチーム行きを命じられ、氷漬けの状態となっていた。しかし、真摯な態度で練習に励む姿勢が実を結び、今季3試合目の出場となった1月29日のFAカップ・ウィガン戦(4-0)では1ゴール1アシストの活躍を披露。ドイツ代表121キャップを誇る実力を示した。

 ユナイテッドは冬の移籍市場でオランダ代表FWメンフィス・デパイ(→リヨン)、フランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(→エバートン)、元イングランドU-21代表GKサム・ジョンストン(→アストン・ビラ)を放出。空いた枠にグループステージで登録メンバーから漏れていたシュバインシュタイガーと、20歳のGKジョエル・カストロ・ペレイラがリスト入りを果たした。

 FAカップではピッチ上でのクオリティーの高さを改めて証明した。ドイツが誇る司令塔は、欧州の舞台で再び出番を手にすることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング