闘莉王が“5.3”名古屋凱旋、“50歳現役”カズと7節で激突! J2全対戦カードが決定

 

【関連記事】  2017シーズン「J2リーグ全42節対戦カード」

 

降格組同士の初の直接対決は中盤戦に集中

 Jリーグは25日、2017シーズンのJ2リーグ全対戦カードを発表した。

 J2は今季も22チームが参戦し、全42節で争われる。1、2位がJ1に自動昇格、J1ライセンスを保有する3~6位のチームがJ1昇格プレーオフに進出。一方、21、22位のチームは、J3の1、2位チームのJ2ライセンス保有状況によって自動降格となる

 クラブ史上初のJ2降格となった名古屋グランパスで、最大の注目カードと言えるのが5月3日の第11節、ホームでの京都サンガF.C.戦だろう。昨季途中に復帰もシーズン終了後に契約未更新となり、京都へ移籍した元日本代表DF田中マルクス闘莉王が、豊田スタジアムに乗り込む。

 また、開幕戦が行われる2月26日に50歳の誕生日を迎える横浜FCの元日本代表FW三浦知良と闘莉王の直接対決は、4月8日の第7節に横浜FCのホーム、ニッパツ三ツ沢球技場で行われる。

 1年でのJ1復帰を目指す降格組同士の最初の対戦は、5月17日の第14節で湘南ベルマーレのホームでアビスパ福岡と対戦。6月17日の第19節で福岡vs名古屋、7月1日の第21節で湘南vs名古屋と、中盤戦にカードが組まれている。

 長丁場のリーグ戦を制し、J1昇格を果たすのはどのチームになるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング