バルサ監督、引退騒動の恩師ファン・ハールを「最高の監督の1人」と称賛 「彼から多くを学んだ」

 

エンリケ監督、現役時代にファン・ハール流の薫陶を得たと語る

 マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール前監督が監督業から引退するとの報道が飛び交い、本人が否定する騒動があった。バルセロナのルイス・エンリケ監督は、かつての恩師を「最高の監督の1人」と称賛している。スペイン地元紙「スポルト」が報じた。

 記者会見に出席したエンリケ監督は、去就問題が注目されるオランダ人の名将ファン・ハール氏について質問された。

 「私は、我々の友好関係から彼を高く評価している。最高の監督の1人だ」とエンリケ監督は語った。1997年から2000年、2002年から2003年とバルサで二度指揮を執ったファン・ハール氏は、1997年と1998年シーズンにリーガ2連覇を果たしている。

 エンリケ監督はスペイン代表の現役時代にファン・ハール流の薫陶を得たという。「彼から多くを学んだ。彼は強烈なキャラクターで、偉大な監督だった。私が働いたなかで、最高の監督の1人だ。彼と働いた二度の時期を振り返ると、いい思い出とエピソードがある。時にはバルセロナに立ち寄ってもらいたいよね」

 エキセントリックな性格から選手と敵対関係に陥ることもあるファン・ハール氏だが、現役時代に闘志をたぎらせながらどのポジションもこなす万能型のエンリケ氏とは良好な師弟関係を築いていたようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング