岡崎所属のレスター、7歳天才少年のサポートを発表 「正しい方向へ向かって成長してほしい」と期待

 

テレビ番組で注目を集めた少年 その才能に目を付けたのがレスターのタイ人資本家

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティが、テレビ番組でのプレーで注目を集める7歳のノン・ピーくんを、将来のスター選手に育て上げるため、教育とフットボールの両面でサポートしていくことを発表した。タイ紙「バンコク・ポスト」が報じている。

 ノン・ピーくんは、タイのテレビ番組でキックしたボールを3連続でクロスバーに直撃させるという卓越した技術を披露。この動画はフェイスブックで拡散され、一躍、天才少年として注目を集めている。

 この才能に目をつけたのはタイ人資本家が経営権を持つレスターだった。ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長はバンコクで記者会見を開き、ノン・ピーくんに対して教育とフットボールの両面でサポートしていくことを発表した。

 同氏は、左利きでアイドルがバルセロナFWリオネル・メッシだという7歳の少年について「我々は彼に正しい方向へ向かって成長してほしい」と期待を寄せた。タイサッカー発展のためにプレミアリーグ王者が手を差し伸べる形となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事のトップへ

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング