去就注目のポドルスキが国内カップ戦で2得点と活躍! これが神戸移籍前のトルコラストゲームか

敵地エラズール戦に先発、2得点で4-1の勝利に貢献 試合後にツイッターを更新し…

 J1ヴィッセル神戸への移籍が独メディアで報じられたガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは現地時間17日、国内カップ戦のグループステージ第5戦・敵地エラズール戦に先発出場し、2得点を決める活躍で4-1の勝利に貢献した。

 前半9分、ポドルスキが得意の左足を一閃した。強引なドリブルで右サイドから中央へカットインすると、DFのプレスよりも一歩先にエリア外からミドルシュート。これがゴール左隅へ突き刺さり、ガラタサライが先制する。

 後半に入ると、ガラタサライはオウンゴールとFWエレン・デルディヨクの得点でリードを広げた。同39分にはPKで1点を返されたものの、アディショナルタイムには再びポドルスキがネットを揺らして突き放した。

 独メディアで神戸への移籍が報じられたポドルスキだが、ガラタサライのレベント・ナツィフォルー強化部長は「ポドルスキは我々の選手だ。どこにも行かないだろう」と語っているという。ポドルスキの公式ツイッターは試合後に更新され「偉大なチームがエラズーで勝利」というコメントを投稿。トルコ国旗の絵文字とともにクラブの愛称でもある「シンボン(cinbom)」 がハッシュタグとして付けられた。

 去就問題が過熱するレフティーにとって、これがトルコでのラストゲームとなるのか。その動向に注目が集まっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング