日本にとって「不公平かも」 不満続出…PK直前の“反則”に韓国見解「抗議しなかった」

PK直前のスローインシーンに注目【写真:ロイター】
PK直前のスローインシーンに注目【写真:ロイター】

PK献上直前のスローインに注目

 森保一監督の率いる日本代表は2月3日、アジアカップ準々決勝でイラン代表と対戦し1-2で敗戦。ベスト8で大会を去った。イランの同点ゴールはロングスローの流れから始まったが、そのシーンでは判定における議論がSNS上で展開され、海外メディアも注目している。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 前半28分にMF守田英正のゴールで先制した日本。しかしエンド変わった後半10分、日本はあっさりと守備を崩され失点し、1-1で迎えた後半アディショナルタイムにはPK被弾で逆転を許した。終了間際の失点で追い付くことができず、1-2で日本の敗退が決まった。

 話題になったのは後半アディショナルタイムのPK献上シーンの直前。FWアリレザ・ジャハンバフシュが日本の左サイドから入れたロングスローが“ファウルスロー”ではないかという指摘だった。

 試合を中継した「DAZN」で解説を務めた元日本代表MF小野伸二氏や、同DF水沼貴史氏も「ファウルスローですけどね」とコメント。ジャハンバフシュはボールリリース時に片足が地面から離れている点が問題視されている。

 SNS上でも「審判ちゃんとみといてよ…」「完全にアウェー判定」「その前も片足で投げてた」「完全アウト」「海外だと全然見てくれないのはあるある」といった声が上がると、韓国メディア「デイリアン」も反応。「日本国内では敗退の原因を探る一方で、レフェリーの不当なジャッジが敗因だと主張する声もある」と報じた。

 記事でも「長距離スローインを投げ込み、その軌道は時折日本の守備を脅かした。後半終了直前に試合を決めたPK宣言の前にも同様のロングスローがあった」と流れを説明。ファウルという見解を受けて「つまり、主審がスローインのファウルをきちんと指摘していれば、板倉滉のPKを見ることすらなかったということだ。日本からすれば不公平かもしれない。ロングスローインを投げるたびにうしろ足が地面から離れているのが確認されていた」と日本の怒りの理由を探っている。

 ただ一方で「試合を仕切ったレフェリーはスローインを指摘することはなかったし、ベンチだけでなくグラウンドにいた日本の選手たちも特に抗議はしなかった」と現場で日本側が指摘するシーンはなかったことに言及。最後のPK献上は、流れのなかで連係面のミスが引き起こした。後半は防戦一方だった日本にとって苦しい判定だったかもしれないが、それ以上に2点目が遠かった一戦だった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング