「実現の可能性が高くなった」 イラク戦黒星の日本、ベスト16で日韓戦の可能性に韓国注目

日本はイラクに1-2で敗戦【写真:ロイター】
日本はイラクに1-2で敗戦【写真:ロイター】

日本はイラクに1-2で敗戦

 森保一監督率いる日本代表は、1月19日に行われたアジアカップのグループリーグ第2戦でイラクに1-2で敗れた。勝利したイラクは決勝トーナメント進出を決め、日本は第3戦インドネシア戦に勝負を懸けるなか、韓国メディアはベスト16で日本と対戦する可能性が高まったことに注目している。

 日本は前半5分、サイドチェンジから右サイドを切り崩されると中央へのクロスをGK鈴木彩艶が弾いたところをFWアイメン・フセインにヘディングで押し込まれて失点。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の確認を経てイラクの得点が認められ、日本は2失点したベトナム戦に続き前半での失点になってしまった。

 日本が攻勢を強めるも1点ビハインドのまま時間が過ぎ、前半アディショナルタイムにはカウンターから2失点目を喫した。

 後半開始からDF谷口彰悟に代えて、DF冨安健洋を投入した日本。後半11分、左サイドを割ったMF伊東純也からのラストパスを浅野が中央で合わせようとしたところで相手選手のファウルによるPKの判定。しかし、VARの進言でオンフィールドレビューが行われ、主審はファウルなしとしてPKも取り消しになった。

 その後、日本は後半16分にMF堂安律とFW上田綺世、同29分にFW前田大然とMF旗手怜央を投入して攻撃のギアを上げ、イラクゴールに襲いかかる。後半アディショナルタイムにセットプレーからMF遠藤航がヘディング弾を決めて1点を返したが、1-2で今大会初黒星を喫した。

 グループDの日本が2位通過、グループEの韓国が1位通過でベスト16で相まみえる。1月20日にヨルダン戦を控える韓国のニュース番組「SBS News」は、「アジアカップ決勝戦で韓日戦を繰り広げると予想されていた日本がイラクに衝撃的な敗戦を喫した」と言及している。

「韓日戦が決勝トーナメントで早期に実現する可能性が高くなった。FIFAランキングでアジア最上位である17位の日本が63位のイラクに優勢と予想されていたが、全く逆の展開で試合が進められた」

 韓国にとっても、決勝トーナメント1回戦で日本と対戦する可能性が高くなることは想定外だったかもしれない。

今、あなたにオススメ

トレンド