日本代表、イラクにまさかの完敗 決勝T進出へ黄信号…前半2失点で今大会初黒星

遠藤航が1点を返すも反撃及ばず【写真:Getty Images】
遠藤航が1点を返すも反撃及ばず【写真:Getty Images】

アジアカップのグループリーグ第2戦でイラク代表と対戦

 日本代表は1月19日にアジアの代表チームナンバーワンを決めるアジアカップのグループステージ第2戦でイラク代表と対戦し、1-2で敗れた。

 カタール開催の今大会、日本はベトナムに4-2、イラクはインドネシアに3-1でそれぞれ勝利して大会に入った。日本を率いる森保一監督は初戦からスタメンを2人変更。2列目は右からMF伊東純也、MF久保建英、MF南野拓実の並びになり、最前線にはFW浅野拓磨が入った。

 その立ち上がり5分、日本はサイドチェンジから右サイドを切り崩されると中央へのクロスをGK鈴木彩艶が弾いたところをFWアイメン・フセインにヘディングで押し込まれて失点。日本は2失点したベトナム戦に続き前半での失点になってしまった。

 日本は久保が両サイドの崩しに参加しながら攻撃を仕掛けたが、イラク守備陣も強い対応を見せてなかなか決定機まで持ち込めず。イラクの攻撃はロングボールが多くなったものの、最前線でフセインにキープされて起点を作られる場面もあった。

 前半32分には久保のスルーパスに浅野が抜け出すも、中央に伊東が並走する状態でペナルティーエリア内の左サイドから浅野が強引に放ったシュートは枠外。ラスト10分で立て続けにセットプレーのチャンスもあったものの同点ゴールにはつながらず、逆にアディショナルタイムにはカウンターから日本の右サイドを切り込まれ、ラストパスをフセインに押し込まれ失点。2点ビハインドのハーフタイムになった。

 森保監督はDF谷口彰悟に代えてDF冨安健洋を投入。2列目の並びを右から久保、南野、伊東に変更した。一方のイラクは2得点のフセインが前半終了間際に負傷し、FWモハナド・アリがピッチに立った。

 日本が攻勢に出た後半11分、左サイドを割った伊東からのラストパスを浅野が中央で合わせようとしたところで相手選手のファウルによるPKの判定。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言でオンフィールドレビューが行われ、主審はファウルなしとしてPKも取り消しになった。直後、森保監督は浅野と久保に代えてFW上田綺世とMF堂安律を入れた。

 その堂安がゴール正面から直接フリーキックを狙う場面もあったが枠外。一方でシンプルなロングボールでアリが冨安に競り勝って際どいシュートまで持ち込んだ場面もあり、日本は攻守に噛み合わない試合になってしまった。森保監督はラスト15分近くで大会初出場になるFW前田大然とMF旗手怜央も入れた。

 日本の交代後に5バックに変更してタフに戦うイラクに対し、日本は後半アディショナルタイムに旗手のコーナーキックからMF遠藤航のヘディングで1点を返したが1-2で敗戦。グループ3位になっても決勝トーナメント進出の可能性が残るトーナメントとはいえ、第3戦のインドネシア戦次第で敗退の可能性もある厳しい結果になった。

今、あなたにオススメ

トレンド