仙台の来季ユニフォーム偽造画像が拡散 クラブが異例の注意勧告も…同日に完全解決!

実際のデザインと異なるユニフォーム画像がインターネットやSNS上で出回る

 ベガルタ仙台は5日、クラブ公式サイトに「2017シーズンユニフォームの偽造画像の拡散について」と題して、巷に出回っている来季ユニフォームの偽造画像について注意を促していた。

 クラブによると、インターネットやSNS上において2017シーズンの仙台ユニフォームとして拡散している画像があるものの、これは実際のデザインとは完全に異なっていたという。スポンサー各社、ファン・サポーターの誤解を招きかねないとして、拡散を止めるように訴えていた。

 クラブから偽造画像の拡散を止めてほしいという異例の注意勧告がされたが、同日中に問題は解決したようだ。「ユニフォーム画像の完全解決について」と題して、「クラブのお問い合わせフォームに謝罪のメールが届いておりました。内容は、本件についての謝罪が記されており、十分な反省していることが伝わりました(原文のまま)。つきましては、同メールの内容を真摯に受け止めさせていただき、これにて完全解決とさせていただきます」と記している。

 当初は大きな問題に発展するかと思われたが、すぐさま事態は収拾しており、クラブ・サポーターも一安心といったところだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

※画像はクラブ公式サイトからスクリーンショットしたものです●写真

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング