伊王者ユーベのオファーを蹴ったベルギー代表MF 4年契約、年俸21億円でゼニトから中国の天津権健へ

 

ゼニトのMFヴィツェル 「とても難しい決断だった」と移籍を明かす

 ゼニトのベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルがイタリア王者ユベントスからのオファーを蹴り、元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ監督が率いる中国1部天津権健に移籍することを明らかにした。イタリアテレビ局「メディアセット」が報じている。

 アフロヘアの実力者はACミラン、ユベントスなど強豪から獲得のオファーを受けていた。今季限りで契約満了となるために、1月にユベントス移籍で合意と報じられていたが、キャリアの急展開を迎えた。

「とても難しい決断だった。なぜなら片方はユベントスという大きなトップクラブ、もう片方は自分にとって家族みたいで、抗えないオファーだった。ビアンコネリ(ユベントスの愛称)の強化部は常に紳士のように振舞ってくれた。彼らには感謝しかない」

 ヴィツェルはイタリア王者からの誘いを固辞し、天津権健からのメガオファーに飛びついたことを明らかにした。4年契約で年俸1800万ユーロ(21億円)と報じられている。

「僕はユベントスのファンであり続けるだろう。チャンピオンズリーグを優勝してくれると願っている。将来的にはまた再会するかもしれないしね」

 メガクラブからのオファーを蹴り、チャイナマネーをつかんだヴィツェル。中国リーグにまたしてもスター選手が参戦することになった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング