「こんなゲーム失礼だろ」 尚志のロッカールームで仲村監督が叱責! 見違えるプレーで逆転勝利

前半は1-2とビハインドで折り返した尚志 仲村監督はハーフタイムに活を入れる

「応援してくれている人や残っているメンバーに対して、こんなゲーム失礼だろ」

 3年連続8回目の出場となる尚志(福島)は31日の第95回全国高校サッカー選手権大会の1回戦、ルーテル学院(熊本)戦に4-2で勝利したが、選手を奮起させたのは仲村浩二監督の「カッコつけるな」という言葉だった。

 4得点を奪った尚志だが、前半は1-2とビハインドで折り返した。仲村監督は、らしくないプレーの連続に業を煮やしていたのだろう。試合を振り返って口にしたのが冒頭のセリフだ。試合後の取材エリアに姿を見せた指揮官は、ハーフタイムにロッカールームで選手を厳しく叱りつけたことを明かしている。

「前半、悪くはないんですけど(ボールを)つないで、安全、安全にという感じでカッコつけているというか。選手権という場で自分たちはカッコいいことをしなければいけないというのが僕的には見られた。スライディングとかして、泥臭くして、ゴールに近づいて、帰ってきた時にユニフォームが破れてたり、スライディングして短パンが真っ黒になっていたり、そういうようなやつらでなければこの場では勝てない。応援してくれている人や残っているメンバーに対してこんなゲーム失礼だろ、と」

 指揮官は「カッコつけていた」という表現を連発。大舞台で浮ついたプレーは許さないと厳しい目を光らせた。記者を前に話す口調は至って穏やかだったが、選手たちにはしっかりと活を入れていたようだ。後半、再びピッチに登場した尚志の選手は見違えるようなプレーを披露し、逆転勝利を手にしている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング