カンナバーロ率いる天津、爆買いは失敗続きも… インテルのエースに年俸36億円の本命オファーか

インテルのイカルディにPSGのカバーニよりも高額年俸の評価

 元イタリア代表FWファビオ・カンナバーロ氏が監督を務め、中国2部から来季の昇格を決めている天津権健の本命は、インテルのエースだったのかもしれない。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 カンナバーロ氏が率いる天津は、パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに対し、年俸2000万ユーロ(約24億円)のオファーを出したが、今月中旬の時点であえなく玉砕した模様だ。フィオレンティーナのFWニコラ・カリニッチに対して年俸500万ユーロ(約6億円)のオファーを投じているが状況は厳しく、インテルのMFマルセロ・ブロゾビッチに対しても同じく年俸500万ユーロのオファーを出していると現地メディアで報じられてきた。

 しかし、その本命は現在リーグ戦で得点ランキングトップに立つインテルのエース、イカルディだったのだろうか。天津はイカルディに対し、年俸2500万ユーロ(約30億円)に出来高500万ユーロを加えた総額で年俸3000万ユーロ(約36億円)のオファーを出しているという。カバーニよりも高額年俸の評価が与えられている。

 しかしながら、現時点でイカルディの返答は渋いものだという。はたして、エースストライカーの“爆買い”に失敗を続けているかつての名DFは、イカルディの心を射止めることができるのだろうか。あるいは、また別のターゲットが浮上するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング