ベンゲル“20年政権”の後継者にイタリアの知将が名乗り 代理人がアーセナル側と接触か

ユベントスのアッレグリ監督がアーセナル行きを希望と、英紙報じる

 アーセン・ベンゲル監督はアーセナルで20年政権を築いたが、今季限りで契約満了となる。チームは2003-04シーズン以来のリーグ優勝を期待されながらも現在4位。契約延長交渉が進まないなか、イタリアの知将が後任監督候補に名乗りを挙げているという。英紙「ザ・サン」が報じている。

 ベンゲル監督の後継者になることを熱望しているのは、イタリア王者ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督。イタリアメディアとの関係悪化から今季限りでの退団を希望しており、すでに代理人がアーセナル側と会談を持ったとレポートされている。

 また、他の候補者としてブンデスリーガの新興勢力RBライプツィヒのラルフ・ハッセンヒュッテル監督、ボーンマスのエディ・ハウ監督、アーセナルのレジェンドであるデニス・ベルカンプ氏、アトレチコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督の名前を同紙は挙げている。

 攻撃的なサッカーを具現化する一方、タイトルから縁遠い強豪となっているアーセナルに、イタリア絶対王者を率いる知将が来季、常勝のエキスをもたらすのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング