ベンゲル監督が評価する英代表MF、アーセナルとの契約延長交渉が進まず…シティが引き抜き工作も

ボーンマスで復活を印象づけるウィルシャー ミランやローマなども獲得に関心

 今夏、1年間の期限付き移籍でボーンマスに加入したイングランド代表MFジャック・ウィルシャーは、レギュラーポジションを確保して復活を印象付けている。しかし、所属元のアーセナルとの契約延長交渉は進展しておらず、ここに来てマンチェスター・シティへの移籍が浮上するなど、その去就に注目が集まっている。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 ウィルシャーは度重なる負傷に加え、同ポジションにライバルが台頭した影響からアーセナルでの定位置を失い、今夏に出番を求めてボーンマスへ移籍。アーセナルを率いるアーセン・ベンゲル監督はウィルシャーの才能を高く評価しているものの、クラブはいまだに18年夏で満了となるウィルシャーとの契約延長交渉に向けて動き出していないという。

 後ろ向きなアーセナルの様子を察知したのか、国内のライバルクラブが天才レフティーの引き抜き工作に動く可能性が浮上している。

 そのクラブとはペップ・グアルディオラ監督率いるシティ。セリエAのACミランやASローマなど国外クラブも獲得に関心を示すなか、シティはウィルシャーの動向を常に追っているという。仮にアーセナルとの交渉が決裂すれば、今季終了後に売却される可能性も指摘されている。

 ボーンマスでプレー機会を取り戻したウィルシャーは、イングランド代表にも復帰を果たした。しかし、所属クラブを巡る去就は複雑な様相を呈している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング