マンUのルーニー、中国から「週給1億円」の驚愕オファー! 2クラブが補強の目玉として獲得狙う

テベスも週給8900万円、年俸換算約46億円で上海申花か

 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーに中国から週給70万ポンド(約1億円)という驚愕オファーが届いているようだ。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 今年の冬も中国サッカー界が大きな話題を提供している。チェルシーのブラジル代表MFオスカルがアジア最高額となる移籍金6000万ポンド(約86億円)で上海上港へ移籍が決定。ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスも週給61万5000ポンド(約8900万円)、年俸換算で約46億円というフットボール界最高となるサラリーで上海申花へ渡る可能性が高まっている。

 そして、彼らと並ぶ大型移籍と目玉となりそうなのがイングランド代表とユナイテッドでキャプテンとしてチームを束ねるルーニーだ。アジアチャンピオンズリーグ優勝経験を持つ広州恒大と北京国安という2つのクラブが獲得に動いているとレポートされており、週給およそ1億円を準備するとも言われている。金にモノを言わせてスター選手をかき集めている中国クラブの中でも、頭一つ抜けた高給取りとなる。

 イングランド代表通算53点を挙げ、代表最多得点記録を保持するなど歴史に名を刻む大スターの中国上陸は実現するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

ランキング