J2降格の名古屋、販売グッズに針が混入 クラブ公式サイトで商品の回収・返金を発表

「販売商品『帰ってきたおやすみグランパスくん』に関するお詫びとお知らせ」を掲載

 来季J2に降格する名古屋グランパスは22日、購入者から販売した商品の一部に針が混入しているとの指摘を受け、商品の回収・返金を実施する旨を発表した。同クラブ公式サイトで「販売商品『帰ってきたおやすみグランパスくん』に関するお詫びとお知らせ」として掲載している。

「この度、弊社で販売致しました下記商品に関しまして、一部に針が混入していると、ご購入頂きましたお客様よりお申し出を頂きました」

 対象商品は『帰ってきたおやすみグランパスくん』で、対象となる販売期間は16年7月1日から11月7日までのものだという。12月2日以降に販売した同商品は安全性を再度確認しているため問題ないとしている。

 クラブは今回の判断について「調査の結果、混入されていた針は下記商品の製造時に使用された物では無く、また商品出荷前の金属探知検査も製造全数で実施しており、製造上に不備はございませんでした。しかしながら、弊社といたしましては今回の事態を真摯に受け止め、商品の回収、返金を実施させていただきます」と説明している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング