宇佐美、監督交代後の新体制でついに今季初先発! 左サイドハーフ起用が濃厚、輝きを放てるか

バウム監督が昇格する形で新体制がスタート 宇佐美にとって政権交代が追い風に

 アウクスブルクの日本代表FW宇佐美貴史が17日のブンデスリーガ第15節、本拠地ボルシアMG戦で今季初先発を果たすことになった。

  クラブは14日にディルク・シュスター監督を解任し、ユースチームを率いていたマヌエル・バウム監督が昇格する形で新体制がスタートしたばかり。この政権交代はどうやら宇佐美にとって追い風となりそうだ。今季出場4試合は全て途中出場だったが、ついにスタメン入りを果たした。

 システムは4-2-3-1が予想され、ワントップにFWチ・ドンウォン、トップ下にMFク・ジャチョルと韓国代表コンビが縦に並び、宇佐美が左サイドハーフ、フランス人アタッカーのMFシュミットが右サイドハーフに入ると見られる。

 驚きの監督交代で再スタートを切ったアウクスブルク。そのなかで宇佐美は輝きを放つことができるだろうか。

 アウクスブルクの先発は以下の通り。

【GK】

ヒッツ

【DF】

フェルハーフ

ハウウェレーウ

ヒンターエッガー

マックス

【MF】

モラーヴェク

バイアー

シュミット

ク・ジャチョル

宇佐美

【FW】

チ・ドンウォン

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング