久保建英、途中出場・30分プレーのマジョルカ戦でMOM選出 「誰よりもMVPが似合う男」

久保建英が途中出場ながらMOMに選出【写真:Getty Images】
久保建英が途中出場ながらMOMに選出【写真:Getty Images】

後半19分に決勝点をアシスト

 スペイン1部レアル・ソシエダは10月21日、ホームでのラ・リーガ第10節でマジョルカと対戦。古巣対決となる日本代表MF久保建英は後半15分から途中出場し、その4分後に先制点をアシストしてチームを1-0の勝利に導いた。久保は現地選出のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれている。

 代表ウィーク明け初戦となった久保はベンチスタート。0-0で前半を折り返したなか、久保が後半15分からピッチへ。右サイドに入ると、後半19分に右サイドから左足でクロスを上げ、これをゴール前でスペイン代表MFブライス・メンデスがヘディングシュートを決めて、先制に成功した。

 久保はその後もペナルティーエリア内右から攻撃を仕掛けるなどチャンスを作ったが、追加点は奪えず。1-0でソシエダが勝利している。

 途中出場から流れを変えた久保は、現地のMOMに選出。スポーツチャンネル「DAZN」公式X(旧ツイッター)も「誰よりもMVPが似合う男。決勝アシストの久保建英、この日もやっぱりMVP」とレポートしていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド