モウリーニョ、イブラに全幅の信頼も…温存を明言 「60試合プレーするのは不可能」

マンU加入後24試合で14得点 35歳のイブラは結果を残すがコンディションを考慮

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今季新加入で公式戦24試合14得点とゴール量産中のFWズラタン・イブラヒモビッチを「並外れた」活躍と絶賛しているが、35歳という年齢も踏まえて「60試合プレーするのは不可能」と温存を明言している。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じた。

 プレミア初挑戦のイブラヒモビッチは累積警告による出場停止で欠場した12節のアーセナル戦(1-1)を除く15試合で先発フル出場。リーグ戦9得点をはじめ、UEFAヨーロッパリーグなどを含めれば、加入後24試合で14得点ときっちり結果を残している。

 モウリーニョ監督は「彼は並外れたプレーをしている」と評価し、大車輪の活躍を見せるカリスマFWに脱帽といった様子だ。18日の敵地ウェストブロム戦では引き続き起用を明言しているが、以降はコンディションを考慮して休ませる予定だという。

「明日(ウェストブロム戦)はプレーするが、彼は(1シーズン)60試合プレーすることはできない。私は彼に休養を与えなければならない」

 

page1 page2

トレンド

ランキング