首位ライプツィヒが初黒星、無敗記録13でストップ 最下位チームに金星献上の波乱で2位転落

指揮官の古巣にまさかの0-1敗戦 シュート13本が全て空砲に終わる

 ブンデスリーガ初参戦ながら無敗で首位を走っていたRBライプツィヒが第14節でついに初黒星を喫した。快進撃を止めたのはラルフ・ハッセンヒュッテル監督の古巣で、最下位に沈んでいたインゴルシュタットという意外な結果だった。

 第2節で昨季2位のドルトムントを撃破するなど、創設7年目でブンデスリーガに初参したライプツィヒは13節まで10勝3分、勝ち点33で王者バイエルン・ミュンヘンを抑えて首位に立っていた。

 現地時間10日に行われた第14節の相手は、ここまでわずか1勝(3分9敗)で最下位に沈むインゴルシュタットだった。ライプツィヒを指揮するハッセンシュッテル監督にとっては昨季まで指揮を執った古巣対戦となった。 

 前半12分にDFロジャーがゴールを奪い、ホームのインゴルシュタットが先制。総得点リーグ2位タイ(29得点)の攻撃力が自慢のライプツィヒだったが、この日は放ったシュート13本は全てが空砲に終わった。最下位チームに0-1と完封負けを喫し、意外な結果で無敗記録は「13」でストップ。さらに、同日にヴォルフスブルクを5-0で下したバイエルンにかわされ、2位に転落した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング