アーセナルが“忘れられた男”浅野をアピール! 1得点1アシストの活躍を公式サイトで紹介

レンタル組3選手の動向を伝える記事に写真付きで登場

 ブンデスリーガ2部シュツットガルトの日本代表FW浅野拓磨は、プレミアリーグの強豪アーセナルから期限付き移籍で武者修行を続けている。英メディアとサポーターからは「忘れられた男」と称されているが、保有元のアーセナルは忘れ去られないように日本人ストライカーのPRを展開している。

 アーセナル公式サイトは、11月28日のニュルンベルク戦(3-1)の結果を受けて「ローン動向 浅野が得点」と紹介している。記事では「浅野拓磨はシュツットガルトがニュルンベルクに3-1で勝利した試合で、1得点1アシストを決めている」と顔写真とともに紹介。グラナダに武者修行中のMFジョン・トラルがスペイン国王杯のオサスナ戦で決勝点を決めた活躍や、スポルティング・リスボンにレンタル中のコスタリカ代表FWジョエル・キャンベルが、リーグ戦のアロウカ戦にフル出場したニュースとともに伝えられている。

 浅野は今季サンフレッチェ広島から加入後、シュツットガルトにレンタルで出されたため、“グーナー”と呼ばれるアーセナルサポーターからの認知度が低い。

 英地元紙「メトロ」も、ニュルンベルク戦の活躍を「アーセナルの忘れ去られた男、浅野拓磨はゴールを決め、シュツットガルトでジャガーの喜びを爆発させる」と報じていた。

 

page1 page2

ランキング