久保建英はスタジアム裏ではお茶目? 勝利後の”舌出しサムアップ”に注目「チャラい(笑)」

今季リーグ戦9ゴール目をマークした久保建英【写真:Getty Images】
今季リーグ戦9ゴール目をマークした久保建英【写真:Getty Images】

アルメリア戦で殊勲の決勝ゴールをマーク

 スペイン1部レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、現地時間5月23日に行われたラ・リーガ第36節アルメリア戦で前半アディショナルタイムに決勝点を挙げ、チームを1-0の勝利に導いた。試合後、ロッカールームへの向かう通路での祝福の模様にスポットライトが当てられている。

 ソシエダは前半20分に元スペイン代表MFダビド・シルバが交代を余儀なくされるアクシデントに見舞われる。アルメリアのコロンビア代表FWルイス・スアレスが前半36分に一発退場となり、数的優位に立ちながらゴールを割れなかったなかで、同アディショナルタイムに久保がスコアを動かす。

 右サイドでボールを受けると、ペナルティーエリア内で対峙したアルメリアDFサムエル・コスタをかわして中央に切れ込み、左足を一閃。ファーサイドへ鋭いシュートを突き刺し、今季リーグ戦9ゴール目で先制点をもたらした。

 後半に追加点を奪えなかったソシエダだが、そのまま逃げ切って1-0で勝利。勝ち点を「68」に伸ばし、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位をキープしている。

 ソシエダ公式ツイッターは「目標へとさらに一歩近づく」と綴り、スペイン人DFアイヘン・ムニョス、スペイン人DFアンドニ・ゴロサベル、スペイン代表FWミケル・オヤルサバルらソシエダの選手がロッカールームに引き上げていく様子をアップ。上半身裸の久保がカメラ目線でお茶目に舌を出して、左手でサムアップポーズする姿、同僚やスタッフたちとハイタッチする光景も収められている。

 投稿には、ファンから「スーパースター」「チャラい(笑)」「タケ、クールだ」「タケありがとう」など、さまざまなコメントが寄せられていた。

[ftp_del]

[/ftp_del]

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング