”まるでネイマール”のよう? ブライトン三笘のワンツー&決定機に反響「惜しかった」「相変わらずキレキレ」

ブライトンの日本代表MF三笘薫【写真:ロイター】
ブライトンの日本代表MF三笘薫【写真:ロイター】

MFマーチと華麗なワンツーを披露

 イングランド1部ブライトンに所属する日本代表の三笘薫は、現地時間2月11日に行われたプレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦でスタメン出場。得点こそなかったものの、味方と華麗なワンツーでの決定機シーンにファンからは「惜しかった」「相手キーパーを褒めるべき」と注目が集まっている。

【PR】サッカー観るならDAZN Jリーグ関連番組も充実

 三笘は直近の公式戦7試合で5ゴールを記録する絶好調ぶりで、クリスタル・パレス戦も左サイドでも先発出場。ブライトンは前半32分、ゴール前に駆け上がったエクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャンがゴールネットを揺らすも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の確認の結果、オフサイドで取り消しとなる。

 それでも後半18分、エストゥピニャンのクロスをファーサイドから走り込んだマーチが合わせて先制点を奪う。しかし同24分、クリスタル・パレスのセットプレーの場面で、GKロベルト・サンチェスがハイボールをファンブルし、こぼれ球を押し込まれる思わぬ形で失点を喫してしまう。試合はそのまま1-1で終了し、トップ4争いを演じるなかで手痛い足踏みを強いられることになった。

 フル出場を果たした三笘は、守備対応に追われる時間も多く得点こそ奪えなかったが、前半に見せた決定機シーンが話題に。前半26分、左サイドでパスを受けると、そのままペナルティーエリア付近まで進み、中央へのパスを選択。MFソリー・マーチとのパス交換からエリア内へ抜け出しフリーでシュートを放つも、相手GKの好守に阻まれた。

 一連のシーンを「アベマサッカー」公式ツイッターとYouTubeチャンネルが公開すると、ファンからは「惜しかった」「相手キーパーを褒めるべき」「キーパーがいい反応」「ネイマールのボールの持ち方に似てる」「相変わらずキレキレ」と、さまざまなコメントが寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング