相馬勇紀は「体の向きも非常に良かった」 佐藤寿人氏が先制点分析、浅野拓磨の“アシスト”も指摘

ゴールを決めた相馬勇紀【写真:Getty Images】
ゴールを決めた相馬勇紀【写真:Getty Images】

元日本代表FW佐藤寿人氏が先制点のシーンを分析

 日本代表は11月17日、UAEのドバイでカナダ代表との親善試合に臨んでいる。日本は前半9分にMF相馬勇紀(名古屋グランパス)のゴールで先制したが、元日本代表FW佐藤寿人氏は「いいタイミングで抜け出した」と動きを称賛している。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 日本は序盤から高い位置でのスルーパスなどを駆使して攻勢に出ると、前半9分にMF柴崎岳(レガネス)の浮き球のスルーパスに相馬が抜け出し、ワンタッチでゴール。カタール・ワールドカップ(W杯)前最後の親善試合で、幸先のいい先制点を挙げた。

 NHKで解説を務める佐藤氏はゴールについて問われ、「体の向きも非常に良かった」とゴールを称賛。「浅野(拓磨)が足元で受ける動きをしたことでディフェンスラインの背後が空いた」とスペースを作り出す元チームメートのFW浅野の働きに言及しつつ、「相馬もいいタイミングで抜け出しましたね」とコメントしている。

 その後、セットプレーから追い付かれた日本だが、浅野を1トップとする攻撃陣は再びリードを奪うことができるだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング