「僕のゴールはララーナのゴール」 プレミア初ゴールの三笘薫、同僚MFの正確無比なクロス絶賛

プレミア初ゴールを決めた三笘薫【写真:ロイター】
プレミア初ゴールを決めた三笘薫【写真:ロイター】

3-2で勝利を収めたウォルバーハンプトン戦後の英語インタビューが公開される

 ブライトンの日本代表FW三笘薫は現地時間11月5日に行われたプレミアリーグ第15節ウォルバーハンプトン戦(3-2)に先発出場し、同点ゴールを含む3得点に絡む活躍を披露した。ブライトンでの初ゴールはMFアダム・ララーナからのクロスを頭で押し込む豪快な一撃。三笘は現地メディアの英語インタビューで「僕のゴールはララーナのゴール」と同僚のアシストを絶賛した。

 前節チェルシー戦(4-1)に続くスタメン出場の三笘はこの日も違いを作り出した。前半10分には左サイドから右足アウトサイドの技ありパスでララーナの先制点の起点となると、1-2と逆転されて迎えた同44分にはララーナの右クロスからヘディングシュートを叩き込んで移籍後初ゴールをマークした。

 前半アディショナルタイムには三笘の突破を阻んだDFネルソン・セメドを退場に追い込み、さらに後半38分にはドリブル突破からの折り返しでDFパスカル・グロスの勝ち越しゴールも演出。3得点に絡み、相手のレッドカードも誘発する圧巻のパフォーマンスで勝利に貢献した。

 英公共放送「BBC Sports Sussex」公式ツイッターはレポーターのジョニー・カンター氏による三笘の英語インタビューの様子をレポート。同氏が得点シーンについて「ララーナからのラブリーなクロスだった」と問いかけると三笘は「僕のゴールはアダム・ララーナのゴール」と正確無比なクロスを上げたチームメートに称賛を送った。

 さらに三笘はロベルト・デ・ゼルビ監督が率いるチームについて「ブライトンはテクニカルなチーム」だとし「僕は上手く適応できている。監督の考えは理解している。プレーしていてワクワクするし、準備もできている」と手応えを口にした。

 また、三笘はまもなく開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)に向けても「W杯までまだ2試合あるからそれに集中しなければいけない。でもW杯でプレーするのが楽しみ。それが僕の夢」と意気込みを語った。プレミアリーグでも結果を出し続ける25歳の活躍から目が離せない。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド