三笘薫は「本物だ」 プレミア初ゴール、絶妙パス、レッド誘発 ウルブス戦の躍動プレーに海外脱帽「たった1ハーフで…」

ウルブス戦でゴールを決めた三笘薫【写真:Getty Images】
ウルブス戦でゴールを決めた三笘薫【写真:Getty Images】

ウォルバーハンプトン戦で先発、全3ゴールに絡む活躍を披露

 イングランド1部ブライトンは現地時間11月5日、プレミアリーグ第15節でウォルバーハンプトンとのアウェー戦に臨み、3-2で競り勝った。日本代表FW三笘薫は2試合連続となる先発出場を果たし、プレミア初ゴールを含む全3ゴールに絡む活躍を見せたパフォーマンスに、海外ジャーナリストも脱帽の声を上げている。

 三笘は前節のチェルシー戦で今季初スタメンを飾ると、FWレアンドロ・トロサールの先制ゴールをお膳立てし、4-1の勝利に貢献。今節のウォルバーハンプトン戦でも先発出場を果たすと、チェルシー戦と同じく4-2-3-1システムの左サイドハーフとしてピッチに立った。

 相手のタイトなマークに遭いながらも得意のドリブルで打開を図った三笘は前半10分、早速見せ場を作る。左サイドでボールを持つと、ペナルティーエリア(PA)の角から中央へ絶妙なアウトサイドパス。これがエリア内のトロサールへ渡り、落としを受けたMFアダム・ララーナが先制ゴールを決めた。

 ブライトンはその後、2失点し逆転されたものの前半44分、エリア内からララーナがクロスを送ると、これにファーサイドで三笘が反応。頭で合わせたシュートが決まり、プレミア初ゴールを決めた。さらに前半アディショナルタイムには、敵陣左サイドへのボールに抜け出すと、堪らずファウルを犯した相手DFネルソン・セメドにレッドカードを誘発させ、チームに数的有利な状況をもたらす。

 後半も随所にボールに絡んだ三笘は、鋭い突破からイエローカード誘発のファウルを誘うなど存在感を発揮。自陣深い位置からの守備にも奔走したなか、後半38分にはエリア内左を突破してクロスを送ると、このボールがFWデニズ・ウンダフを経由し、DFパスカル・グロスの決勝ゴールにつながった。

 後半45分までプレーした三笘は全3ゴールに絡む活躍を披露。出色のパフォーマンスにブライトンを取材するジャーナリストのチャーリー・ハッフェンデン氏は自身のツイッター上で脱帽の声を上げ、「三笘薫は本物だ。ゴールを決め、重要なチャンスを1回作り、セメドを退場させた。しかも、それがたった1ハーフのサッカーで!?」と絶賛した。

 先月14日のブレントフォード戦(0-2)で右足を負傷し、一時は怪我の状態が心配されたものの、前節のチェルシー戦では今季初アシスト、そして今節は初ゴールをマークするなど、上り調子にある三笘。カタール・ワールドカップメンバー発表後、初のリーグ戦での躍動ぶりに海外記者も熱視線を注いでいた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド