ブライトン三笘がプレミア初ゴール! クロスを頭でフィニッシュ、絶妙アウトパスで先制ゴールの起点も

三笘薫がウルブス戦でプレミア初ゴール【写真:Getty Images】
三笘薫がウルブス戦でプレミア初ゴール【写真:Getty Images】

ウォルバーハンプトンとアウェーで対戦、前半終盤に同点ゴール奪取

 イングランド1部ブライトンは現地時間11月5日、プレミアリーグ第15節でウォルバーハンプトンとのアウェー戦に臨んだ。日本代表FW三笘薫は2試合連続となる先発出場を果たし、前半10分に絶妙アウトサイドパスで先制ゴールの起点になると、前半終盤にはプレミア初ゴールを決めた。

 三笘は前節のチェルシー戦で今季初スタメンを飾ると、FWレアンドロ・トロサールの先制ゴールをお膳立てし、4-1の勝利に貢献。今節のウォルバーハンプトン戦でも先発出場を果たすと、チェルシー戦と同じく4-2-3-1システムの左サイドハーフとしてピッチに立った。

 相手のタイトなマークに遭いながらも得意のドリブルで打開を図った三笘は前半10分、左サイドでボールを持つと、ペナルティーエリア(PA)の角から中央へ絶妙なアウトサイドパス。これがエリア内のトロサールへ渡り、この落としを受けたMFアダム・ララーナが先制ゴールを決めた。

 ブライトンはその後、2失点し逆転されたものの前半44分、三笘が躍動。エリア内からララーナがクロスを送ると、これにファーサイドで反応。頭で合わせたシュートが決まり、プレミア初ゴールを決めた。この得点で追い付いたブライトンは、2-2で前半を折り返している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド