横浜FM、3-1完勝で3年ぶりJ1優勝決定 2位川崎の追撃かわす…水沼宏太が3得点に絡む活躍

優勝を決めた横浜FM【写真:徳原隆元】
優勝を決めた横浜FM【写真:徳原隆元】

J1優勝を懸けたアウェイ神戸戦で勝利 2019年以来の優勝を決める

 J1リーグ最終節が11月5日に一斉開催され、首位の横浜F・マリノスは敵地でヴィッセル神戸と対戦。3-1で勝利を収め、3年ぶりの優勝を決めている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 勝てば文句なし、引き分けでもほぼ優勝が決まる横浜FMは、前半7分に一度はゴールネットを揺らしたものの、長い中断の末にファウルでノーゴールの判定。その後、同26分にFW水沼宏太のクロスからFWエウベルが先制点を挙げたが、アディショナルタイムに神戸FW武藤嘉紀に同点弾を浴び、1-1でハーフタイムを迎えた。

 後半8分には水沼のFKのこぼれ球からMF西村拓真が左足で押し込み、2-1とリードを奪う。そして同25分に仲川が投入されると、わずか3分後に水沼のクロスに仲川が合わせて3点目。リードを2点に広げた。

 その後も攻撃の手を緩めなかった横浜FMが3-1で勝利。2位川崎フロンターレもFC東京戦で勝利を収めたものの、横浜FMが完勝でアンジェ・ポステコグルー監督時代の2019シーズン以来3年ぶりの優勝を決めた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング