「見逃さない」 川崎FWマルシーニョ、「首位を逃がさない」意地の先制ゴール

ゴールを決めた川崎FWマルシーニョ【写真:Getty Images】
ゴールを決めた川崎FWマルシーニョ【写真:Getty Images】

前半20分、家長の浮き球のパスに反応したマルシーニョが先制点

 川崎フロンターレは10月29日、J1リーグ第33節でヴィッセル神戸と対戦。前半20分にFWマルシーニョにゴールが生まれ、重要な一戦で先制している。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 2位の川崎は、首位の横浜F・マリノスに勝ち点2差に詰め寄ってホームで10位神戸を迎え撃った。

 MF家長昭博を起点に攻撃を仕掛けるなか、前半20分にスコアが動く。相手のクリアボールをDF山根視来がブロック。こぼれ球に反応した家長がペナルティーエリア手前右から中央へ浮き球のボールを挙げると、走り込んだマルシーニョが受け、右足でゴールへ流し込んだ。

 スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターは、「見逃しませんでしたマルシーニョ。首位チームを逃がさない!!」と先制を伝えている。

 川崎は前半36分、FW小林悠が決定機を迎え、相手GK坪井湧也もかわしたが、なんとか戻ったDF菊池流帆にクリアされ、追加点はならなかった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング